マカの歴史とこれから

マカの歴史

マカは紀元前1,600年頃から栽培されており、約2,000年前からペルーの先住民たちの間で伝統的な食材・薬用植物として使われてきました。

アンデスの山で高地栽培されているマカは、標高4000m以上の過酷な環境にもかかわらず、土壌の養分をふんだんに吸収し、豊富な栄養を蓄えているのです。

マカの昔話

もともとペルーでは、マカは家畜のエサとして使われていたのですが、先住民たちは『人にも効果があるのでは?』と考え、健康改善のために乾燥させたマカを自分たちも服用し始めたそうです。

マカの歴史は古く、インカ帝国の時代から栽培されていたという記述もあり、アンデスの厳しい自然環境の中で生活する人々の日常生活に欠くことのできない大切な植物であったようです。

マカは、滋養強壮活力増進だけでなく、ストレス解消健康改善など、栄養価が高く健康効果のある万能野菜として古くから南米の地域で利用されている天然食材であり、このマカについての様々な記述が残っています。

その一つとして、マカはインカ帝国の時代、兵士たちが地方の町を取り囲み自分の領土に併合するとき、英気を養うため戦う前にマカを服用していたそうです。しかし戦が終わった後に、マカのその高い効果による性衝動から女性を守るため、マカを服用することが禁止されるようになったといわれています。

代わりに、活力を和らげ性欲を押さえるなど、マカとは反対の性質を持った「マシュア」という芋を兵士たちに与えていたという言い伝えが残っています。

また、スペインがペルーを征服したとき、スぺイン軍の馬はアンデス山脈の環境になかなか馴染めず、子孫を残すことも難しい状況でした。しかし、原住民たちの勧めにより馬にマカの葉っぱを与えたところ、馬は高地の環境に馴染みはじめ、さらには繁殖まで可能に。その結果、スペイン軍はインカ帝国の征服に成功したという記録も残っているようです。

マカは栄養価が高いため、健康で丈夫な体づくりに効果的な力を発揮します。マカは男性らしさを望む方、また女性で妊娠を望む方などにも人気があるということをよく耳にするようになりました。

マカは、南米で栽培され、アンデルス山脈のインディアンが伝統的に使用している健康維持に非常に効果的な天然食材です。マカは現地でも昔から健康維持、活力の増進に役立つとして、インカ帝国時代には特権階級の人たちが好んで食していたともいわれています。

マカの発展

マカは1960年代に世界各地で大規模導入されましたが、その時代はまだ人々に受け入れてもらえず、1980年代には栽培量が過去最低水準に達してしまいました。しかし、1990年代後半にラテンアメリカにて、医者や健康志向の人々の間で流行し始めました。それにより2000年~2010年にかけて、ペルーにおけるマカ粉末の輸出量は全国トップに躍り出たのです。

ちょっと待ってください...。なぜ『マカ』の輸出量ではなく『マカ粉末』の輸出量なのでしょう?それは、マカそのものをペルーから持ち出すことが法律で禁止されているからです。そのため、ペルーでは原料であるマカを粉末、またはエキス末にしてから輸出しているんですね。国外に持ち出すことを法律で禁止するほど、ペルーにとってマカは貴重な資源であるということです。

ちなみにマカそのままの粉末、いわゆるマカ粉末というのは、マカの根を天日干しにして乾燥させたものを粉末に、エキス末というのは、生のマカから直接エキスを抽出して乾燥させ粉末にしたものです。覚えておくと良いでしょう。

近年では、アメリカのNASA(米航空宇宙局)がマカの持つ豊富な栄養素に注目し、宇宙食として正式にマカを採用しました。

同局によると、マカなら体調を維持し、頭脳明晰で反射神経を維持することが可能だからだそうです。詳しくはマカとNASAの関係をご覧ください。

古代から長く言い伝えられているものには、それなりに納得のいく効果や裏付けがあるものです。マカは安全性も非常に高い植物で、まさに現代人が探し求めていた夢の天然食材なのです。

マカのこれから

マカの歴史と発展について述べてきましたが、長い歴史を持つマカが日本で注目されるようになったのは最近の話です。現在では日本でも栽培されており、万能の野菜・健康食材として重宝されるようになってきました。

日本で最初にマカの栽培を成功させたのは農業を営む大久保さんという方です。他の農家の方たちがマカの栽培を諦めていく中、大久保さんだけは諦めずに試行錯誤を繰り返し、長い年月を経てようやく日本での栽培を成功させることができました。

日本マカ株式会社による大久保さんへのインタビューによると、完全無農薬で安心・安全なマカを日本で栽培できるようになったものの、現在は生の状態での出荷ができず、輸入品と同様に粉末などに加工した状態での出荷しかできないそうです。

それでも大久保さんは諦めておらず、現在も生の状態で出荷できるようなマカの栽培に挑戦し続けているのです。日本で生のマカが身近なものになれば、日常的にマカを食べることが容易になりますし、料理の幅も広がります。

スーパーフードであるマカがキャベツや大根など他の野菜と同様に食べられるようになれば、健康な人の割合も増え、みんなが元気に生活を送ることができるのではないでしょうか?

食卓にマカが並ぶようになるのもそう遠くないのかもしれませんね。

原産国で長い歴史を持ち、現在に至るまで重宝されてきた食材なのですから、きっと日本でも廃れることはなく、マカはこれからますます注目を浴びる食材になるでしょう。

マカはサプリや粉末として気軽に摂取することができるので、誰でも簡単にマカによる効果を実感することができます。

日頃の溜まった疲れをどうにかしたい、何事にもやる気が出ない、男性としてもっと自信をつけたい、女性としてもっと磨きをかけたい、そんなあなたの悩みを解決してくれるのがマカです。

マカは肉体面、精神面、男性、女性、悩みを持つすべての人をサポートしてくれる素晴らしい食材です。

日本で注目されている今だからこそ、あなたも健康な身体を維持し、快適なマカライフを満喫してみませんか?

👆 ページトップ