色とりどりマカの種類について

いろんな色のマカ

マカには、クリームがかかったような黄色や紫色、黒色など様々な種類の色があり、全部で14色もの色があります。どうやって、このようなマカを作ることができるのでしょうか?

実は、種まきの段階から色を判断するのは難しく、育ててみないと色を区別するのは難しいのです。一番多く取れるのは黄色のマカで、次が紫色のマカ、黒色のマカはあまり取れることがないのでレアマカです。

マカの販売業者が「マカの色は様々あるが、色の違いで成分に差はありません。」と公言しましたが、色の薄いマカよりも色の濃ゆいマカのほうが、アミノ酸、ミネラル、ビタミンの含有量が含まれています。否定してきた業者の多くは、専門的な知識がない業者ばかりで、マカの色の違いによる作用、メカニズムが世界各地の研究者により明らかにされてきました。

その研究をもとに、サプリなどで基本的に使われている色である「黒マカ」「赤マカ」「黄マカ」の効果について紹介していこうと思います。

黒マカ

黒マカ

黒色のマカは、3%~5%しか取れない珍しいマカで「幻のマカ」とも言われています。アルギニン酸やポリフェノール、鉄分、アントシアニンが通常のマカよりも多く含まれているのが特徴で、高い健康効果に期待できます。

黒マカには通常のマカと比べてアルギニンが"2.5倍"も含まれています。アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進させたり、血管機能の正常化や血流の改善などの効果があるので、ED(勃起不全)の改善基礎代謝の上昇に期待できます。

さらに、必須アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルが豊富に含まれていることから滋養強壮の効果が高いでしょう。

赤マカ

赤マカ

赤色のマカは、ホルモンバランスを整える効果に期待ができます。赤マカは、黒マカと同じくポリフェノールが多く含まれている貴重な品種です。

さらに、ミネラルや必須アミノ酸など体内に必要とされる栄養素を豊富に含まれているので、骨を丈夫にしてくれる効果もあります。

この効果により、女性の場合は加齢によって低下してしまった骨密度を正常な状態に戻すこともできるのです。

黄マカ

黄マカ

黄色のマカは、赤マカとほど同じ栄養素が含まれており効果も似ていますが、根の色が薄いほど栄養素が少ないので、効果も少ないと言われています。

ただし、黄色のマカもマカなので、他の野菜や植物よりも栄養素が高いので、色んな効果に期待できます。

まとめ

マカには14種類の色があり、色が濃ゆいほど栄養素が豊富に含まれています。逆に、色が薄いほど栄養素が少ないです。

ただし、色が薄くてもマカなので、他の野菜や植物よりも栄養素が高いので、薄い色のマカで効果がないということはありません。

マカが含まれているサプリを選ぶときは、黒マカが配合されているサプリを選ぶといいかもしれませんね。

👆 ページトップ