マカとNASAの関係

マカとNASA

マカが持つ滋養強壮を始めとした様々な効果が、あのアメリカのNASA(航空宇宙局)によって正式な宇宙食に採用されたのです。

宇宙食に選ばれる基準は非常に厳しいものです。宇宙船内で生活する間、宇宙飛行士は睡眠時間以外は常にミッションに沿って作業を行うため、激しく体力を消費します。

無重力の空間で生活するため、地球上では考えられない体の異変が起こる可能性もあります。また、狭い宇宙基地の中で、宇宙飛行士同士が常に顔を合わせて生活するため、どうしても対人ストレスが貯まります。

マカには、必須アミノ酸を始め、数十種類のアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸は、血液、筋肉、骨、筋肉など、ヒトの細胞を作る上で欠かすことの出来ない物質です。

もし必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸が1種類でも欠乏すると、たちまち体調に異変が起きてしまうのです。

つまりマカを摂取していれば、アミノ酸不足の予防に効果があるのです。人間の生理機能全般にも、アミノ酸は深くかかわっています。

ホルモンの主成分や、卵子や精子の主成分はタンパク質です。生理作用が円滑に行われるためには、アミノ酸が豊富に含まれたマカが最適なのです。

また、宇宙で生活する際には、瞬時の判断やとっさの反射神経が重要になります。不足の事態に対しては冷静に対処しなければならない時、脳が栄養不足では頭脳労働に支障をきたします。

マカに含まれているアルカロイドやアントシアニンなどは、生理活動を活性化する物質なので、頭を使った労働をこなす時にもマカの成分は活躍するのです。

マカは、体を元気にし、脳が生き生きとする食品なのです。あのNASAが宇宙食に選んだのも納得できます。

👆 ページトップ