男性不妊の改善

男性不妊の改善

近年研究が進み、不妊症は女性だけの問題ではないということが明らかにされ、現代の日本において不妊症の原因は男女半々の割合であるといわれています。

そして女性の場合の不妊症と同様に、もちろんマカは男性不妊にも効果を発揮します。

それでは男性不妊とは何なのか、マカがどのような効果をもたらすのか見ていきましょう。

男性不妊の原因の多くが造精機能障害

不妊症とは、生殖可能な年齢の異性カップルが通常の性行為を継続しているにも関わらず、一定期間(2~3年)が過ぎても妊娠に至らないという状態で、そのうち男性に原因があるものを男性不妊といいます。

男性不妊の原因は造精機能障害、精子輸送機能障害、精子妊孕性障害、性機能障害に分けられ、その中でも造精機能障害が全体の9割を占めるそうです。

造精機能障害とは、精子を造る能力自体が低いまたは全くないという障害で、男性不妊の原因の9割を占めるが、その造精機能障害のうち5~6割が原因不明の「特発性造精機能障害」であるといわれています。

造精機能障害をもともと患っていたという場合もありますが、今まで健康体だったのに患ってしまったという場合もあるのです。

そういった場合は生活習慣やストレスなどの影響が考えられるでしょう。生活習慣の改善や禁煙・アルコールの摂取を控える、ストレスを溜め込まないなど、身近な生活環境・生活習慣の改善に努めましょう。

マカで男性不妊を改善

男性不妊の場合でも、マカは有効に働きます。ただし、マカが根本的な問題を解決してくれるというわけではなく、男性不妊に影響を与えている要因を取り除き、妊娠させやすい環境づくりのサポートをしてくれるのです。

ある研究でラットにマカを与えたところ、わずか1日後に精子の数が増加したということが報告されています。さらに、実際マカの原産国であるペルーの男性はマカを食べ、精子の数が増加していることが確認されたのです。

そして近年では、マカは精子の数だけでなく運動率も高めるということが分かっています。

実際に男性不妊に有効な成分として、マカには亜鉛、ビタミンB群、セレン、アルギニンが含まれています。

亜鉛は男性の生殖機能において最も重要な成分であり、精子を生成するために重要な役割を持ちます。特に精子の形や機能、質を改善する効果があるのです。

ビタミンB群は精子数、葉酸を増加させる役割を持ちます。正常なホルモン代謝、精子形成を維持し、精子の健康を高めてくれます。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促し、精子の活動量を向上させる作用があります。

セレンは亜鉛と同様精子を生成するのに重要な役割をもち、精子数を増やすのに有効で、セックスミネラルとして知られています。

他にもマカには生活するうえで必要・有効な成分を含んでおり、身体的にも精神的にも男性不妊に対してプラスに働いてくれます。

マカは精子の数と精液量、運動の大幅な増加につながるだけでなく、精子の全体的な健康に利益をもたらし、健康な精子の生成を促進する効果があるのです。これにより、男性不妊が改善できるというわけです。

妊活女性に人気の「葉酸」の効果は男性にも

妊活をしている女性に今話題の「葉酸」をご存じですか?

葉酸はDNAの複製が正常に行われるために不可欠なビタミンで、平成12年から厚生労働省が妊活をする女性に摂取を推奨している成分なのです。

そして最近、この葉酸は女性だけでなく男性にも効果があるのではないかと注目が集まっています。

実際、男性に対する葉酸の効果についての研究で、精子の奇形率を下げるという報告があったようです。

男性が服用することで男性不妊を改善できるかもしれないということで、今後の研究に期待が高まっており、「葉酸」は男性不妊に悩む方にぜひ注目してほしい成分です。

そんな男性不妊に効果のある「マカ」と「葉酸」が配合された、男性不妊に悩む方にとっておきのサプリが『マカto葉酸』です。

これから妊活を始める、または始めている方に特におすすめしたいサプリです。妊娠を望むカップルや夫婦で一緒に服用することで、より高い効果が期待できるでしょう。

👆 ページトップ