肩こり・眼精疲労の改善

肩こり・眼精疲労の改善

毎日の忙しい仕事や日常生活であなたの目・肩、疲れていませんか?マカには肩こりや眼精疲労に悩まされている方にも有効に働く成分が含まれているんですよ。

肩こりの度に毎回整体に行きますか?目薬を何度もさして仕事を中断させますか?どの方法も一時的には治せても、根本的な問題の解決にはならない上、出費がかさみますよね。

マカなら肩こりや眼精疲労の根本的な問題を解決してくれるので、もう整体にも眼科にも行かせません!

肩こりの改善

肩こりとは、長時間同じ姿勢をとり続けたり、姿勢の悪さにより首から肩、背中にかけての筋肉が緊張して血流が悪くなり、肩が重く感じる状態のことです。

多くの人が悩まされている肩こりの要因は、長時間の無理な姿勢や運動不足などです。ですから、デスクワークをしている人は特に肩こりになりやすいそうです。

厳密には、筋肉疲労により筋肉が硬くなり、血管が圧迫されて血流が悪くなることによって起こります。また逆の場合も考えられ、血行不良になると筋肉に栄養が行き渡らなくなり、筋肉に疲労が溜まって硬くなることにより肩こりになる場合もあります。

肩こりになってしまうと仕事だけでなく、日常生活にも様々な支障をきたしてしまいます。また、そのまま放置してしまうと、肩こりが原因で自律神経に悪影響を与えストレスが溜まってしまうので、できるだけ早く治してしまいたいものです。

整体やマッサージをすれば一時的によくはなりますが、根本的な原因が取り除かれていなければこれを繰り返すだけになってしまいます。根本的な原因を改善するためにも、日常生活の中でできる改善法とマカによる改善法を紹介します。

日常生活の中で肩こりを改善

日常生活の中でできる改善方法は”正しい姿勢を心がける”ことです。

長時間できるだけ同じ姿勢をとり続けないよう適度に休憩を入れ、首を回したり肩を動かしたりして首・肩の筋肉をリラックスさせましょう。

また、猫背にならないよう、肩の力を抜いて耳、肩、くるぶしの位置が一直線に結べるような姿勢を意識して習慣づけましょう。

マカで肩こりを改善

マカにはカリウムリンビタミンB12ビタミンEカルシウムが含まれており、これらの成分は肩こりに効果的だと言われています。

特にマカによる血行促進作用により、血行不良を改善して筋肉に十分な栄養を運び、首や肩の疲労を回復することで肩こりの改善が期待できます。

眼精疲労の改善

最近ではパソコンやテレビ、スマートフォンなどの普及によって私たちは生活の中で画面をみる機会が増えてきました。その結果多くの人が、画面を長時間見ることによって起きる眼精疲労に悩まされています。

眼精疲労とは、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態をいいます。

眼精疲労の代表的な症状は、パソコンなどの画面を凝視することで瞬きの回数が減り、眼球表面に涙が行き渡らない状態になってしまう”ドライアイ”、デスクワークや運動不足、姿勢の悪さから首や背中の負担が大きくなり、筋肉の血流が悪くなることにより起こる”肩こり”などです。

日常生活の中で眼精疲労を改善

遠くを見たりして適度に眼を休めましょう。”緑色”が目に優しいとされているので、遠くの森や木々をぼーっと見るのが良いですね。

また、長時間同じ物を見続けるというのは避けてください。どれも簡単なことですが、意識しなければなかなか難しいものです。目を労わる生活を心がけることで、眼精疲労を軽減できることは間違いありません。

マカで眼精疲労を改善

マカにはアントシアニンが含まれており、アントシアニンは"ロドプシン"と呼ばれる"視る"ために目に必要な色素の再合成を促進する作用があります。

アントシアニンはフラボノイドの一種で抗酸化作用をもつ色素です。アントシアニンを多く含む食べ物としてブルーベリーが有名ですね。

さらにアントシアニンには血行促進作用があり、目の血流をよくすることで、疲れた目に十分な栄養を運ぶことができます。

眼精疲労はロドプシンの不足により視覚機能が低下している状態です。マカを摂取することでアントシアニンによる視覚機能の回復と血行促進作用により眼精疲労を改善することができます。

目に良いのはアントシアニンだけではありません。ビタミンAも目に良い働きをしてくれます。ビタミンAは目の粘膜を潤して網膜を健康な状態に保つという重要な働きをしてくれるのです。

眼精疲労の改善においてはブルーベリーが有名ですが、ここでマカをオススメするのは、マカにはブルーベリーと同じ効果だけでなく、ブルーベリーにない効果も多くあるためです。これが、マカが"スーパーフード"と呼ばれる所以なのです。

👆 ページトップ